含硫アミノ酸を含む食べ物とメガリス

中高年にもなると、日頃からの運動不足や仕事のストレス、酒やタバコといった嗜好品による身体へのダメージが相乗的にはたらいて、動脈硬化からはじまる生活習慣病にかかりやすくなります。昔はまったく行われていなかったメタボリックシンドローム検査などが定期健診のメニューとして採り入れられるようになったのも、こうした生活習慣病にかかっている人や、その予備群とされている人の割合が増えており、社会的にも見過ごせない水準に達しているということを示しています。
生活習慣からくる動脈硬化というのは、実は男性のEDの症状をもたらす原因にもなっています。性行為のときに男性自身が硬くなるのは、海綿体に血液が大量に流入したことによるものですので、動脈硬化によって血液の流れがとどこおってしまうと、硬さを持続できないといったEDの症状があらわれるようになってしまうのです。
こうしたことを防ぐためには、まずは手近にできるところでは食生活の改善が挙げられます。脂分の多い肉中心の食生活は避けて、なるべく三食バランスよく、野菜類なども採り入れた食事というものが望まれることはいうまでもありません。なかでも、動脈硬化を防止したり、男性ホルモンの産生をさかんにする作用がある含硫アミノ酸を含むタマネギやニンニクなどはおすすめといえます。
また、メガリスのようなED治療薬を性行為の前に服用しておくというのも効果的な方法です。メガリスはED治療薬のなかでも低価格のジェネリックにあたりますが、その有効成分には血管拡張作用が認められており、性行為にあたって性器の動脈を拡張して血液の流れを活発にしてくれるため、EDの症状を解消することができるのです。