メガリスの発売までの経緯

メガリスは、バイアグラやレビトラに続く第3のED治療薬の新薬として日本の製薬会社で製造販売されているシアリスの医薬成分を模して、安価なジェネリック医薬品としてインド国内で製造・販売されている医薬品です。
一般的に先発医薬品とも呼ばれる新薬の開発には、遠大なプロジェクトのもとに莫大な開発費用と膨大な時間が費やされている為に、先発医薬品の製造・販売については、有効成分などの物質特許や製法特許、効果効能などの医薬特許、用法や用量を定めた製剤特許の4種類の特許が世界各国で申請され、特許期限が切れるまで後発医薬品とされるジェネリック医薬品の製造・販売が出来ない様になっています。
しかし、医薬品の成分などの物資特許を認めていないインドでは、新薬をジェネリック医薬品として製造・販売が可能です。
これが、新薬シアリスのジェネリック医薬品メガリスが、発売された経緯とされています。
このED治療薬の特徴としては、世界初のED治療薬のバイアグラの薬効継続時間が約4時間程度、第2のED治療薬のレビトラが薬剤の薬効継続時間が薬剤量により4時間~8時間程度とされますが、第3のED治療薬の新薬とされるメガリスやシアリスは、36時間の薬効継続時間を有しています。バイアグラやレビトラは、服用するタイミングや食事のタイミングなど厳守する制限が有るのに対して、シアリスやメガリスは、基本的に食事のタイミングや食事のカロリーを気にする必要が無いとされています。
シアリスやメガリスは、バイアグラの様に30分から60分程度かけてゆっくりと効能が現れますが、レビトラは10分から~30分程度で薬効が現れます。
シアリスやメガリスは、ゆっくりと長い時間効果を示す事も有り、顔のほてりや鼻づまり、頭痛や動悸などの副作用も割と少ないとされています。シアリスやメガリスの服用も、24時間の以上のインターバルがあれば良いとされています。